離職を未然に防ぎ、組織強化につなげることも

適正な人事評価システムが大事

適正な人事評価システムがあれば、離職を防ぐことができます。実力を適正に評価されていれば不満に思うことが少なく、会社を離れようとは思わないです。適正な評価を受けないと、不満が募るでしょう。また、システムとして機能することが重要です。個人の評価は適正でもシステムが機能していなければ、会社としての評価につながりません。途中で評価が変わってしまって、最終的な会社の評価が低くなることもあるのです。そうなると、評価をされていないのと同じです。システムが機能していないと、評価はどう変わるか分かりません。そのため社員は適正な評価を受けているとは感じにくくなります。人事評価システムを適正に運営することも大事になるでしょう。

適正な評価をされればモチベーションは上がる

人事評価システムで自分でも納得の評価を受ければ、モチベーションが上がります。この評価は高すぎると、そんなに評価してもらえるのかと不満に思わないまでも不思議に思うことがあるでしょう。そうなると、頑張らなくても評価してもらえると勘違いするかもしれません。それではモチベーションが上がらないのです。適正な評価は低すぎず高すぎないものです。また、その時に重要になるのが根拠でしょう。売上が予算を達成しているから評価するという根拠があれば納得しやすいです。頑張ったからという理由では誰も納得できないでしょう。ただ、人事評価は数字だけでしていいものでありません。会社に対する貢献度からも評価すると適正な評価になりやすいです。