人事評価システムを導入するメリット・デメリット

昇進や昇格の基準の適正化ができる

人事評価システムは、人事担当者の負担軽減や各部署の社員のモチベーションアップの他、昇進や昇格の基準の適正化に役立つものとして高く評価されています。特に、新卒社員だけでなく中途社員の数が多い企業においては、それぞれの社員の能力や経験を評価することが難しいケースもあります。そうした中、高性能の人事評価システムを導入することにより、企業の将来を担う人材をすぐに把握することができます。人事評価システムには、家電量販店や通販で購入できる市販品からIT企業の特注品まで様々なものがあります。そこで、業界内で需要が高まっている人事評価システムの特徴を確認しながら、企業の実態に合うものを選択することで業務を効率良く進めることが可能となります。

システムの運用のために情報処理のスキルが必要になることもある

人事評価システムは、人材採用や人材活用に役立つツールとして普及が進んでいますが、システムの機能によっては正しく運用をするために情報処理の専門スキルが必要になるというデメリットもあります。特に、人事評価システムを利用して社員の実務経験や適性、能力などを正確に把握するにあたっては、様々なIT系の知識や経験が求められることがあります。そこで、人事の業務の円滑化を目標とするうえで、人事評価システムの導入に向けて必要最小限の機能を搭載したり、情報処理の初心者も簡単にできるように設計したりすることがポイントです。その他、導入後のトラブルを避けるため、早い時期から同業他社で主に使用されている人事評価システムの特徴に目を向けることも大事です。