必要な理由はこれ!採用管理システムにできること

応募者の一元管理が可能

採用管理システムでは、採用担当者が行っている候補者の管理を、システム上で一元管理することができます。一般的に採用担当者は、候補者から送られてくる履歴書の応募書類から、住所や電話番号、メールアドレス、学歴などの個人情報や、書類選考、面接予定日時、採用結果などの選考情報をエクセルなどのドキュメントで管理しています。採用管理システムを利用すれば、候補者の個人情報も選考情報もシステムに入力することで、一元化が可能になります。候補者情報を一括で管理できるようになると、選考状況がひと目で確認することができるため、採用の効率化にもつながります。採用管理システムは、複数のアクセスも可能なので、社内での情報共有も容易になります。

優秀な人材へのスカウト配信や候補者の分析ができる

採用管理システムの機能のひとつに、多くの候補者のなかから求める人材をスピーディに検索・抽出してくれるスクリーニングの機能もあります。また、スクリーニング機能によって検索・抽出された人材に直接、スカウトメールなどを配信することもできるので、優秀な人材の早期確保の可能性が広がります。採用管理システムでは、メールの送受信の管理も行えるため、スカウト配信の送信状況や、スカウト配信を行った候補者の応募状況を確認することもできます。さらに、過去の候補者の集計ができるため、候補者の特徴や傾向などの分析に役立ちます。候補者のデータ分析をもとに、採用施策の改善が可能になり、より優秀な人材の確保につなげられます。