採用管理システムを導入するメリット・デメリット

希望通りの人材を採用できる可能性が高まる

採用管理システムを導入することで、新卒採用や中途採用の際に、企業の経営方針や事業内容などに合う人材をスムーズに採用できるといった大きなメリットがあります。また、人事担当者の知識や経験にかかわらず、常に安定的に優秀な人材を確保することが可能です。最近では、入社後の社員研修のために採用管理システムを活用する企業も多くあり、業種や事業規模、社員数などによらず、人材活用に欠かせないツールとして定着しつつあります。なお、機能がシンプルな採用管理システムは、大人数の応募者が集まる採用試験の際には上手く対応できないことがありますが、導入コストを安く抑えられることから、小規模の企業を中心に普及が進んでいます。

ニーズに合うシステム開発のために長い時間が掛かることもある

採用管理システムは、採用活動の効率化に大きく貢献するツールのひとつですが、ニーズに合うシステムを開発するために長い時間が掛かるというデメリットもあります。中でも、一度の採用試験に数千人以上の応募者が集まる大企業が採用管理システムを導入する場合には、セキュリティやデータ分析など様々な機能が必要となるため、高額なコストが発生するケースが目立ちます。そうした問題を解決するうえで、システム開発のためにフリーソフトをメインに活用したり、必要最小限のサービスを依頼できるIT関連企業に外注したりすることがおすすめです。その他、企業の実態に合うシステム開発をするうえで、ライバル企業が利用しているシステムを参考にするのも良いでしょう。